TOP 企業情報 採用情報 社外からの声 社内からの声
「市場価値の高い人材になるために」

当社は人材斡旋会社ですので、毎日多くの転職希望者の方にお会いしています。転職市場は文字通り、「市場」ですので、売り手と買い手が存在します。昨今の「市場」の状況は、皆さんも実感されている通りバブル期を上回ると言われるほどの売り手(就職側)市場となっています。でもバブルのときとの大きな違いが1点、あります。それは買い手(企業側)の採用基準が大変厳しくなったことです。企業は採用活動は積極的に行っていても、バブル期のように安易に人を採用しなくなっているのです。人材不足であっても人手不足ではないという様子が見て取れます。その理由の一つとしてはITバブル期と比べると、ITの進化に伴って人手仕事は「しくみ」でカバーできるようになったことがあげられます。ITを使ったしくみでカバーできない、企画力やマネジメント力、そしてFACE TO FACEでの対人能力がある人のみが人手ではなく人材として企業は採用しているというのが現実です。


今後、転職市場で常に企業から声のかかる「市場価値の高い人材」になるためには、この企画力、マネジメント力、対人能力を一日も早く身に付けることが求められます。これらの力は、優秀なマネジメント(経営)の下で、身に余る責任を与えられ、会社や顧客に求められる期待以上の成果を生み出していくことを続けていくこと、成果を出すことに思いっきり苦労することでしか身に付けられません。若いうち(20歳代)にこのような環境で仕事をしたかどうか、がその後の人生に大きな影響を与えると思います。


今回のプラハグループの経営幹部候補募集はまさしくこのような経験が積める千載一遇のチャンスではないかと思います。私自身も20年前、周囲の反対を押し切ってまだ無名のリクルートに入社して7年間思いっきり苦労したからこそ現在があるのではないかと思っています。「勝負の数だけ人は強くなる、勝敗に関わらず」。是非、プラハグループで勝負、苦労してみませんか?
「本物のサービス業」

会社が変わろうとしている。創業者から2代目の経営者に代わった。全く、アミューズメント業界未経験の社長だ。社長は、新鮮な目で、『本物のサービス業』をつくりあげようとしている。そのためには、新鮮かつ豊かなセンス(人と事業に)を持つ人材が必要だと精鋭を募っている。「会社は変わらない」とよく言われる中で、この会社は本当に変わろうとしている。あなたも、会社とあなたの『可能性』をプラハにかけてみてはどうか。少なくとも、『成果』が得られるかどうかは、他の何物でもなく、あなたにかかっているから、力は発揮できるはずだ。



Copyright (C) 2006 SOSHU Co., Ltd. All rights reserved.